男性看護師 体験談

男性看護師 転職〜入院体験がキッカケで病棟に就職

男性看護師 転職

 

実体験がキッカケに

 

自分の入院体験から、
看護という仕事に目覚めた人も多いように思える。

 

現在、大阪の救命救急センターに務める男性看護師さんは、
交通事故で入院したことがキッカケとなって看護師を目指したという。

 

両親には進学を勧められたが、何の目的もなく大学に行く気にはなれず、
高校を卒業すると就職した。

 

ちょうど20歳のとき、バイクに乗っていて乗用車との接触事故に遭い、
大怪我をした。

 

すぐに救命救急センターに運び込まれ九死に一生を得た経験がある。

 

その時に迅速に判断し、テキパキと働く男性看護師の姿を見て、
この道に進むことを決意。

 

会社を退職し、看護専門学校に行くために予備校に通った。

 

「自分の一生をかけて打ち込める仕事が、
やっと見つかったという感じでした。

 

それは仕事に就いた今でも変わりません」と彼は語る。

 

 

病院事務からの転職組

 

病院事務からの転職組の男性看護師さんは、
少し変わり種だ。

 

病院で働くうちにその人柄と患者様への対応の良さなどから、
看護部長、看護師長など周囲からの強い勧めで、
看護師の資格を取ることとなる。

 

「もともと医療に興味があったのは事実だが、
まさか男性看護師として働くとは想像していなかった。」と彼は語る。

 

「ただ身近で看護師の仕事を見ていて、
やりがいのある仕事だとは思っていた。
看護師になったことは今でも大正解だった。」とも語った。

 

病院事務を休職して病院附属の看護師専門学校に入学。
卒業して病院の小児科に勤めてすでに2年目を迎えている。

 

こちらを読んでみると良いかもしれないです。

 

https://kango.mynavi.jp/

 

少しだけ、気持ちが楽になるのではと思います。

 

参考になればいいのですが。

 

看護師 転職