新人看護師 人間関係 辛い

新人看護師辞めたい〜人間関係が辛い

新人看護師 人間関係

 

看護師は人間関係で辞めたい思うことが多い。

 

ある病院の師長さんによると、看護師を辞めたくなる年というのがあるようだ。

 

まずは1年目。

 

これは環境の変化に適応できないと思った時、
もしくは希望の病棟に配属されなかった時。

 

次に3年目。

 

プリセプターとなり、プリセプティが思ったように成長しなかった時、
そのことで自分を責めてしまう傾向にある。

 

次に5?6年目。

 

ここまでくると、幹部候補として勧められる人もいるようだが、
勧められた人は嫌悪感を感じてしまう。

 

他にも、自分の不甲斐なさを感じてしまった時に辞めたくなることが多いようだ。

 

しかし、それを凌ぐのが、やはり医療スタッフ同士の人間関係が原因とのこと。

 

これに詰まり、これでは患者様の安全が守れない上、
自分の看護師生命も脅かされると判断したし、
殆どの看護師は退職を選択するというものだ。

 

看護師長いわく、辞めたいと思わなかった日はないのではと、苦笑していた。

 

看護師をやめれるならいつでもやめたいとそう思うこともしばしばらしい。

 

1年目3年目5年目をやめたくなる時期と考えたなら、
5年目を乗り越えた看護師は一人前なのだと言えるのかもしれない。

 

よく、新人看護師から私は看護師に向いてないのでは悩む人がいる。

 

しかし、今回話を聞いた看護師長、看護部長など、
看護師のエキスパートであろう人に話を聞いたが、
こんなことを言う人も中にはいた。

 

「看護師に向いている人間などいない。」

 

いつも患者さんに優しく、無理難題言われても笑顔で接しなければならない。

 

医療の現場という特殊な世界にいて、人間関係もまた、
特殊な部分があるとしても、悩みを相談できる相手がいる、
心を打ち明けられる誰かがいるという観点を考えると、
理想はいつも、そういう現場でなければならないのは明確だ。

 

誰かに話ができる現場にいるのなら、必ずそれが救いとなり、
心を癒し、そのまま仕事も継続できる。

 

しかし、それができずにいる看護師たちは、
やはり、その現場からの退職を選択するのかもしれない。

 

人の心は単純なものだ。

 

助けてくれる人のそばに、いつも居たいと考えるのは普通のことだろう。

 

助けてくれる人がひとりもいないような場所から出たいと思うことは、
決して間違ったことではないだろう。

 

こちらを読んでみると良いかもしれないです。

 

少しだけ、気持ちが楽になるのではと思います。

 

>> マイナビ看護師

 

今一番利用したいサイト1の看護師専門サイトで生活エリアで見かけた医療機関の掲載情報なども、もちろん案内可能です。

 

参考になればいいのですが。

 

看護師 転職