男性看護師 看護師不足

男性看護師辞めたい〜看護師不足を救う

男性看護師 辞めたい

 

未知の世界の部分

 

どうしても「看護師=女性」というイメージが強いのがこの世界。

 

患者様の中には白衣を着てキャップをかぶっていない男性看護師を、
最後まで医師と間違える人もいるという。

 

しかし、逆に考えれば、少数派だけに活躍する場が固定されておらず、
まだまだ多くの可能性を含んでいるのも事実。

 

以前は、「力仕事=看護師の仕事」というイメージからか、
精神科など一定の科にしか配属されないようなこともあるが、
現在は状況かなり変わってきている。

 

「患者様だって女性も男性もいるのだから、
どの病棟にも男性看護師は必要」と考える管理職も増え、

 

現在ではどの病棟にも配属されるようになり、
「男性看護師だから」ではなく、「本人の適性」で、
配属先が決められる傾向にある。

 

 

男性看護師 必要〜看護師不足を救う

 

最近では、看護師不足も収まり、
以前のような「売り手市場」が望めなくなった感があると、
世間では思われがちだが、全くそうではなく、
常に不足している職場はあとをたたず、
看護師の世界は例外と言える。

 

確かにここ数年、社会的にも男性看護師の存在が認知されつつあるが、
そもそも男性看護師がクローズアップされてきた理由には、
「看護師不足からくる社会的ニーズ」
「男女同権意識などを社会の変化によるもの」が挙げられる。

 

さらに、「看護師=女性」という意識が定着しているなか、
看護職を志望する男性は、動機や目的意識が強いと言われている。

 

また、女性が苦手とする「科学的な目で見る」ということも、
男性看護師は得意分野。 看護を学問として、
科学としてさらに体系化していくには、
なくてはならないものとなってきています。

 

また、同様の理由で、教育機関
(看護大学や短大、看護専門学校などの看護師養成機関)でも、
男性看護師に関する期待は大きく、
採用される講師の数もさらに増えているようだ。

 

追伸

 

こちらを読んでみると良いかもしれないです。

 

少しだけ、気持ちが楽になるのではと思います。

 

https://www.nursejinzaibank.com/

 

年間10万人が利用する人気の看護師専門サイトでハローワークの掲載情報など、もちろん案内も可能です。

 

参考になればいいのですが。

 

看護師 転職