新卒 男性看護師

新卒の男性看護師は特に苦労する事が多い。

男性看護師

 

新卒の男性看護師は特に苦労する事が多い。

 

人の役に立つ仕事に就きたいと志を高く持ちながらも、
女性の多い職場に行くと馴染むまでに時間がかかる場合がやはりあるようだ。

 

看護師の職場はやはりまだまだ女性の職場のイメージが強い世界でなのは間違いない。

 

看護師の世界では苦労するようだ。

 

それは看護学生時代からも多く見られ、
独特な人間関係を味わって意気消沈してしまう場合も少なくないようだ。

 

「なぜこの仕事を選んだのだろう」と後悔してしまう人も中にはいる。

 

昔の友人に会うたびに暗くなった。と言われるようなことはないだろうか。

 

ただ、看護学校から配属された病棟は、
実習病院と異なり、雰囲気がよく、働きやすいと感じる男性看護師も少なくないようだ。

 

ただ、先輩看護師に話を聞いたりすると、

 

最初は優しいが2か月3か月経つと厳しくなったり、1年以内に退職する人も多い。などの話を聞くと、
やはり不安になるのではないだろうか。

 

看護師の仕事に限らずだが、働きやすい職場とそうじゃない職場というのはやはりあるようです。

 

新人に対するいじめはよくあることですが、
誰からも好かれるように振舞え、目をつけられないようにするためにはどうしたらよいか?と言われても難しい部分がある。

 

看護師から一般企業に転職を考える看護師も少なくないようだ。

 

新人看護師を標的にする先輩看護師というのはいるところにはいますよね。

 

それは看護師の職場だからというわけではなく、どこの世界にもいるところにはいます。

 

それと同時に新人看護師をしっかりとフォローしてくれる優しい先輩看護師もいます。

 

そういう人とは、働く場所が変わってもずっと交流出来たりします。

 

看護の仕事もそうですが、現場に出てから大変な部分を分かち合える先輩、同僚が職場に見つかるかどうかで、
勤続年数が変わってくるというのは間違いないのではないでしょうか。

 

反対に、そのような人たちが一人もいない職場なら、
働いても意味がないかもしれないですよね。

 

その場合は無理してその職場にとどまる必要はなく、
辞めたいなら辞めても良いのではないでしょうか。

 

新人看護師に対するいじめはよくあるかと問われると、
大きな病院ほど、スタッフが多い分、あなたと合う人に出会える確率は高いと思います。

 

大きな病院は忙しくても、他部署で仲良しの人を作れたりしますし、
気がまぎれることもあります。

 

反対にクリニックなど、人数が少ない場合のほうが、当たりまですが、
合う人ならいいですが、そうじゃない人がいた場合は、ものすごくきつく成ると思います。

 

毎日顔を合わすのが、少数の人間しかいないのは苦痛でしかありません。

 

ただ、半人前の新人看護師を早く一人前にするために先輩が厳しいことを言うのはある意味、当たり前のことなので、
イジメかどうか判断するのは本人次第ですよね。

 

こちらを読んでみると良いかもしれないです。

 

少しだけ、気持ちが楽になるのではと思います。

 

>> マイナビ看護師

 

今一番利用したいサイト1の看護師専門サイトで生活エリアで見かけた医療機関の掲載情報なども、もちろん案内可能です。

 

参考になればいいのですが。

 

看護師 転職