男性看護師 介護施設 

男性看護師。介護施設への転職

男性看護師。介護施設への転職

 

入院病棟勤務の男性看護師の中には、介護施設への転職を考えている方も少なくないようです。

 

仕事内容や看護に対する見解など、
さまざまな部分で違いがあるのも事実ですが、
働くことができるか新しい分野に進む場合、不安なのはどんな仕事も同じのように思います。

 

それは急性期ような場所にいたとしても不安は同じかもしれないです。

 

もともと働いている環境が興味の薄い環境にいるという看護師の方も少なくないと思います。

 

大学卒業時に、先生のアドバイスの元、3年は一般病棟で看護の技術をしっかり磨く、
のちに慢性期や精神科病棟などで働くなど、その助言によってもたどる道はいろいろあるものです。

 

なので、やりたいことがやれていないというのは、
だんだん働くのが苦痛になってくるものです。

 

例を挙げると急性期から慢性期へ転職する場合、
仕事内容に葛藤する看護師の方も中にはいるようです。

 

収入はやはり下がるとおもいますが、
患者様とゆっくり接することができるのは魅力も感じる部分ではないでしょうか。

 

仮に若い大卒の男性看護師の方が施設で働くのは、
施設側にとっては大歓迎なのかもしれないですね。

 

ただ介護施設は看護師の人数が最小限に抑えられているところもあるようです。
そのため夜勤は看護師は1人で対応することも多々あるらしいです。

 

相談する相手も周りにいない、経験が少ないと判断に困ってしまうような大変さもあり、
アセスメントスキルや緊急時の対応も重要になってくるようです。

 

介護士と看護師ってどうも昔から対立するみたいな雰囲気がありますよね。
そんな施設もおおいのではないでしょうか。

 

いざというとき助けてくれる仲間が見つかるの一番ですが。

 

どうしても不安な場合は、まず単発の派遣で介護施設の看護師の仕事を経験するというのも一つかもしれないですね。

 

男性看護師がどのくらいいるのかなど、いろいろと見えてくるものがあるのではないでしょうか。
その結果、また急性期で働きたい!と思うなら、それはそれでよい気がします。

 

追伸

 

こちらを読んでみると良いかもしれないです。

 

少しだけ、気持ちが楽になるのではと思います。

 

https://www.nursejinzaibank.com/

 

年間10万人が利用する人気の看護師専門サイトでハローワークの掲載情報など、もちろん案内も可能です。

 

参考になればいいのですが。

 

看護師 転職